エントリー
Close
東宝を知る

経営理念

創業者 小林一三の「原点」からブレずに、まっすぐに

東宝という会社を知るうえで、忘れてはならないポイント。
それは、東宝が実業家・小林一三の創業した会社であることです。
電鉄、娯楽産業、百貨店など多岐に渡る事業を手掛け、成功をおさめた小林一三ですが、“事業の基礎を「大衆」に置く”とし、その目は常に人びとの豊かな暮らし、社会の発展に向けられていました。
東宝はいまなお小林一三の理念と精神を大切に受け継いでおり、
小林一三が遺した3つの言葉は、社員の価値観となり、行動や判断の基準となっています。
その3つの言葉をご紹介いたします。

創業者 小林一三

Mission

健全な娯楽を広く大衆に提供すること
創業者がおこしたいくつもの事業は、そのどれもが「大衆本位」、
すなわち「お客様本位」の事業でした。
東宝の柱である大衆娯楽に関しても同様です。
多くの人に楽しんでいただける良質なエンタテインメントを通じて、
お客様の幸福に寄与したい――。
東宝は、その創業の精神を忘れず、
映画・演劇を核とした健全なエンタテインメントを
「多くの幅広い層のお客様」に提供することを企業の使命と考えます。

Value

吾々の()くる幸福はお客様の(たま)ものなり
当社の事業は、お客様の「幸福」のためにあると同時に、会社の繁栄や従業員の生活の安定も、すべてはお客様からのご支持の賜ものに他なりません。
そのことを常に感謝し、より多くの方々に夢や感動、喜びをお届けしたいと考えます。

Motto

朗らかに、清く正しく美しく
創業者はこれを「我党のモットーだ」と宣言しました。当社は創業以来80年を超えますが、東宝グループの役員・従業員のDNAとして、このモットーは脈々と息づいています。
東宝人は、いかなる状況にあっても、人間として明るく、公明正大に事業活動を進めてまいります。