Close
東宝を知る

経営理念

創業者 小林一三の「原点」からブレずに、まっすぐに

創業者 小林一三

企業の使命 ~mission~

健全な娯楽を広く大衆に提供すること
創業者は“事業の基礎を「大衆」に置く”として電鉄・百貨店・娯楽産業の礎を築きました。東宝は、その創業の精神を忘れず、映画・演劇を核とした健全な娯楽《エンタテインメント》を「大衆」すなわち「多くの幅広い層のお客様」に提供することを企業の使命と考えます。

価値観 ~value~

吾々の()くる幸福はお客様の(たま)ものなり
創業者による「戒め」の言葉です。当社の事業は、お客様の「幸福」のためにあると同時に、会社の繁栄や従業員の生活の安定も、すべてはお客様からのご支持の賜ものに他なりません。そのことを常に肝に銘じ、より多くの方々に夢や感動、喜びをお届けしたいと考えます。

行動の理念 ~motto~

朗らかに、清く正しく美しく
創業者はこれを「我党のモットーだ」と宣言しました。当社は創業以来80年を超えますが、東宝グループの役員・従業員のDNAとして、このモットーは脈々と息づいています。東宝人は、いかなる状況にあっても、人間として明るく、公明正大に事業活動を進めてまいります。