エントリー
Close
ヒトを知る
新卒採用トップ > ヒトを知る > 新人奮闘記 > 国際部 藤井 美沙

新人奮闘記

「新人奮闘記」

映画や演劇を仕事にする社員たちの1日のスケジュールって、どうなってるんだろう?
そんなギモンに答えるべく、3人の社員に登場してもらいました。

10:00 

おはようございます!
新入社員の藤井と申します。
私の1日を簡単にですがご紹介しますね!どうぞよろしくお願いいたします。

今日は日本映画製作者連盟(通称映連)に行きます。ここでは、この映画は日本で作られたものですよという証明書を発行してもらいます。1本の映画を海外に届けるには色々な証明書が必要で、映連だけでなく、大使館や公証役場へ行くこともあります。証明書を発行してもらうのにもたくさん書類が必要なんです。書類の抜けはないか確認が欠かせません。

11:30 

出社、メール&郵便チェック
会社につくと、まずは届いているメールの確認です!メールを確認しつつ、10階のポストまで郵便を取りに行きます。実は、国際部にもう1人同期がいるので郵便当番は2日に1回なんです。みなさんに郵便を配り終えると、再びメールをチェックします。一晩でメールが50件くらい届いている日もあります。海外の配給会社やお世話になっている日本の会社の方々と連絡を取ります。メールに返信しながら、今日はどんな仕事をすればよいか1日の計画を立てます。

12:00 

映画の本編や紙宣材を海外へ発送!
みなさんが見ている映画が、こんな黒い箱やHDDの中に入っているなんてご存知ですか?お恥ずかしながら、私は入社するまで知りませんでした。。。壊れないように梱包材に包み、段ボールに入れて発送します。映画のポスターをこんな筒に入れて発送することもあります。ここから世界中の人に映画が届いていると思うと、責任は重大ですね!

12:30 

お昼休憩~
国際部の先輩方と「今日は何食べますか~」なんて言いながらランチへ行きます!1か月に2回くらいお昼当番なるものが回ってきて、お昼時間デスクで電話対応をするんですが、そういう日はランチが1時間くらい遅めになります。この写真は東宝日比谷ビルの1階にあるゴジラの前で撮りました!その後近くのイタリアンレストランでパスタを食べましたよ。毎日ゴジラに見守られながら出社して、ランチに行って、退社しています。

13:30 

予告・特報の英語字幕チェック
東宝作品の予告や特報は、英語字幕を作成してから海外の配給会社へ渡します。
外部の翻訳会社の方に英語翻訳の案をいただき、私たち国際部で確認しています。
この表現でセリフの雰囲気がきちんと伝わるかな?よりいい表現はないかな?英語ではこういう風に訳されるんだ~!など考えながら、いただいた字幕案をチェックしています。英語字幕がいつ完成するか、翻訳会社さんとスケジュールをこんな風に電話で確認することもしばしばです。

15:30 

VIPOライティング研修
国際部を3つのグループに分けて、ほぼ隔週でビジネスメールのライティング講義があります。話し言葉とビジネスメールでは同じ英語でも全然違うので、毎回とてもよい勉強になります。ニュアンスの違いや、文法の間違いなど丁寧に教えていただきます。自分が書いたメールを添削していただいたり、先輩方のメールを見せてもらったり、まだまだ勉強しないとな~と実感する時間です。学びに終わりはないですね!

17:30 

研修が終わると、監修作業に移ります。
監修というのは、海外の配給会社が作った映画やアニメの現地版ポスター・予告のデザインをチェックし、画像の使われ方などがおかしくないかを確認するお仕事です。先輩方は「監修は間違い探しだ!」とよくおっしゃっています。日本版のものと現地版のものを比べてどこが違うのか目を凝らして探すのです。「僕のヒーローアカデミア」という作品関連の監修を担当しています。

20:00 

本日のお仕事は終わりです~お疲れ様でした!
仕事終わりには、仲の良い先輩方や同期と御飯に行くことも多いです!
みなさん映画に限らず、様々な趣味を持たれていて、お話ししていると世界が広がります!会社近くのおいしいお店を探すことも、楽しみのうちの一つになってきました!東京へはこの4月に引っ越してきたばかりなので、これからもっと東京のいろいろな場所やお店を開拓していきたいと思います。おすすめのところがあれば教えてくださいね!

後日談&メッセージ

みなさん、就活真っただ中におられる方も多いと思います。自分には何が向いているのか、どうなりたいのか、考え出すとなかなか答えを出すのが難しいですよね。就職活動をしていた頃を思い出すと、私も色々悩みました。しかし、最終的に東宝という会社と縁があり、今ここで働かせてもらえていることにとても感謝しています。映画やドラマ、音楽というエンターテイメントが昔から好きで、その「好き!」という気持ちに素直に従ったから、今私はここにいるのかななんて勝手に考えてます。「人事を尽くして天命を待つ」という言葉が私は好きです。残りの学生生活を楽しみつつ、悔いの残らないように納得がいくまで頑張ってください!応援しています。そして、みなさんと東宝で一緒に働ける日が来ることを楽しみにしています。

  • 国際部 藤井 美沙
  • 演劇部 勝又 日葉
  • 不動産経営部 伊藤 大介
  • 国際部 藤井 美沙
  • 演劇部 勝又 日葉
  • 不動産経営部 伊藤 大介