エントリー
Close
ヒトを知る
新卒採用トップ > ヒトを知る > 新人奮闘記 > 演劇部 勝又 日葉

新人奮闘記

「新人奮闘記」

映画や演劇を仕事にする社員たちの1日のスケジュールって、どうなってるんだろう?
そんなギモンに答えるべく、3人の社員に登場してもらいました。

10:15 

演劇部宣伝室に所属する私の1日は、毎朝新聞チェックから始まります。朝刊は12紙読んでいて、主に演劇関連や自社関連の記事や広告をスクラップしつつ、世の中の動向をチェックしています。特に自社作品の製作会見や公開稽古、取材などを行った翌日は、どれくらいの大きさでどのように取り上げられているかは要チェックです!

11:00 

今日は、とある作品の製作発表。製作発表の仕切り、運営も宣伝室の仕事です。会場に着いたら、まずは会場内の確認、導線の確認をします。役者さんのアテンド等も行うので、会場図はしっかり把握しなければいけません。日頃、宣伝室は担当作品毎に動いていますが、製作発表や会見の際は基本的に全員で行って担当のお手伝いをします。成功のためには連携がとっても大切ですから、ここはチーム戦。臨機応変な対応が求められることも多いので、落ち着いて対応ができるように、とにかく周りをよく見て行動です!

12:00 

製作発表のあとは、個別取材です。取材場所の環境を整え、取材を円滑に、タイムテーブル通り進行できるよう、常に時間は気にするよう心がけています。取材がたくさんあるときは、製作発表も込みで丸1日かかることも! 順調に取材が進行されているのか確認しつつ、次の取材場所の準備は整っているかなど、ここでも先輩方と密に連携をとりながら進行していきます。

14:00 

取材が終了し、撤収したら遅めのランチへ!会社の周りにはランチが美味しいお店がたくさんあります。先輩方がいろんなお店を教えて下さるので毎日のランチはとっても楽しいです。演劇部の先輩と行くことが多いですが、時間が合えば同期とランチに行って近況報告をしたりもします。写真は先日演劇部の若手女子でランチに行った時の写真です♡

16:00 

本社に戻ったらチラシデザインの打ち合わせです。台本からイメージを膨らませて、プロデューサー、デザイナーと話し合いを重ね、少しずつ形にしていきます。演出家をはじめ、時には衣裳さんやスタイリスト、カメラマンに参加していただくことも。デザインが固まったら、撮影スタジオを探して予約します。実際にどんなチラシが完成していくのか楽しみです!!

18:00 

明日は上記とは別の担当作品の、新しいチラシが世の中にでます。メインビジュアルの解禁ということで公式サイトも一新です。先輩と一緒に作品を担当していますが、今回公式サイトの作成は一任していただきました。作品の世界観に合わせて構成や文言を考え、それをデザイナーさんにかたちにしてもらいます。最後にもう一度誤字脱字やデザインの確認。解禁後どんな反響があるのかドキドキです!!

19:30 

本日の業務は終了です!仕事が終わった後は、同期や先輩方とご飯に行ったり、観劇や映画を観に行ったりもします。もともと体育会だった私は、社会人になって運動量が減ったので、ジムに行って体を動かすこともありますよ!この日は学生時代の友達と会いました。社会人になって会うと、なんだかお互い大人になったような変わらないような… 楽しい時間でエネルギーチャージして、また明日も頑張れそうです!!

後日談&メッセージ

情報解禁を控えていた作品は、無事世の中へ送り出すことができました。自分が関わっているものが徐々に形になっていき、解禁後は想像以上の反響に、たくさんの方が注目してくださっていることを実感し感動しました。演劇部宣伝室は、その名の通り東宝の演劇作品を宣伝する部署です。「観たい!」と思っていただけるよう、作品の魅力を最大限に伝える方法を考え、チラシ・ポスターを作成したり、公式サイトの作品ページを考えたり、取材やイベントを考案したり、宣伝に費やす予算の管理をしています。これらの仕事を1人、あるいは2人で基本的にすべて行なっていきます。作品が異なると宣伝プランも変わるので、今は経験することすべてが初めて…といった日々ですが、宣伝の先輩方は、1つ1つの経験を通して、たくさんのことを丁寧に教えて下さるので、毎日が学びの連続です!!
採用サイトをご覧になっている就活生のみなさんへ。就活中は気持ちの変化も激しく、不安になったり悩んだりすることもあるかと思います。でも!どんな時も芯をもって、自分の信じる道を進めばきっと素敵なご縁があるのではないでしょうか。映画演劇業界をぜひ一緒に盛り上げましょう!! 2021年にお会いできること、一緒にお仕事できる日を楽しみにしています!!

  • 国際部 藤井 美沙
  • 演劇部 勝又 日葉
  • 不動産経営部 伊藤 大介
  • 国際部 藤井 美沙
  • 演劇部 勝又 日葉
  • 不動産経営部 伊藤 大介