Close
ヒトを知る
新卒採用トップ > ヒトを知る > 新人奮闘記 > 演劇部 久保田毬子

新人奮闘記

「新人奮闘記」

映画や演劇を仕事にする社員たちの1日のスケジュールって、どうなってるんだろう?
そんなギモンに答えるべく、3人の社員に登場してもらいました。

10:00 

職場である帝国劇場に向かう前に、今日は近日上演開始の舞台の製作発表のお手伝いに行きます。製作発表にいらっしゃるオーディエンスの方のご案内など、進行がスムーズに行くようお手伝いします。キラキラしたキャストの方々を見て本番が待ち遠しくなります!!

11:30 

製作発表が終了後、帝国劇場に向かいます。まずはメールチェック。シフト制なので、お休みの間に引き継がれていることを把握します。またアルバイトの勤怠管理や郵便物整理、時々で舞い込んでくる雑務などをこの時間になるべく済ませてしまいます。

12:00 

公演によってはいろいろな販促企画が立ち上がります。その実行を請け負っているので、様々な部署の方と連携してその準備に追われます。たとえばリピーター特典付きチケット。チケット購入特典として舞台写真がついてくるので、その写真を準備します。また、劇場内での宣伝用のPOPも作ります。お客様がまた劇場に足を運びたくなるように、必要な情報はもちろん、煽り文なども工夫してPOPを作成します。お客様が特典を喜んでくれることを励みに頑張ります。

 

劇場勤務はお昼の時間がまちまちです。今日は早めのお昼。シフト勤務ゆえ同僚と食事に行けることは少なく、基本は一人で食事を摂ります。利便性を考えて地下のレストランを愛用中。ハンバーグがおいしい!!!

14:00 

本社で行われる演劇部連絡会議に出席します。帝国劇場として、現在上演中の公演のイベントについて、また今後の公演の状況について報告します。同じく東宝の劇場であるシアタークリエの動向や、演劇部全体がどう動いているかを把握します。あんな企画やこんな企画が進行中なんだな…とニヤニヤしつつ、帝劇も頑張らないと!と気の引き締まる時間です。

16:00 

公演の開場時間です。これから観劇されるお客様が気持ちよく過ごせるように、心をこめておもてなしいたします。受付にて、入場券の受け渡しや、お荷物・上着などのお預かりをしたり、お座席までご案内することもあります。接客の業務内容は多岐にわたるので、常に視野を広く持ってお客様に対応できるように気を張り詰めています。

17:15 

解禁前の公演情報を確認します。具体的にはチラシやポスターなどに記載される公演スケジュール・料金・いつから、どこで販売するかなどの販売情報の確認作業になります。この公演情報があっているかの確認作業は、ここでミスがあってはいけないので、慎重に行います。

18:30 

幕間の休憩時間や終演後も接客にあたります。何が起こるかわからないので、常に気が抜けません。観劇が良い思い出となるよう、様々なところに気を配ります。終演後のミーティングやアンケートの集計作業ではその日起きたことやお客様からのご意見などを共有し、帝劇での観劇がよりよいものになるよう努めていきます。

22:00 

本日の公演も無事終了。一日お疲れ様でした!疲れ切った日こそ飲みに繰り出そう!!ということで、仕事終わりのアルバイトや同期、友人たちと合流してひとしきり会話を楽しみます。

後日談&メッセージ

製作発表は大盛況の中終了し、後日記事などで各メディアに取り上げられていました。このまま本公演も盛況のうちに終えられるよう、ますます頑張らなきゃ、と気持ちが引き締まります。まだまだ1年目で勉強の足りないところも多くありますが、これからもたくさんのことを吸収して、いらっしゃるお客様に素敵な観劇体験を提供できるように精進していこう、と思う毎日なのでした。

このサイトを見ている就活生のみなさんへ、就職活動は今までの自分を見つめなおす良い機会だと思っています。自分が大事にしていることは何なのか、これまでの経験からおのずと見えてくる信念を大切に、就職活動に挑んでいただければと思います。その中で、東宝が働きたい会社として選ばれて、皆さんにどこかでお会いできたら嬉しく思います!

  • 映像事業部 辻次秀成
  • 宣伝部 三浦広暉
  • 演劇部 久保田毬子
  • 映像事業部 辻次秀成
  • 宣伝部 三浦広暉
  • 演劇部 久保田毬子