エントリー
Close
ヒトを知る
新卒採用トップ > ヒトを知る > 先輩紹介 > 映画営業部 岡田 直紀

先輩紹介

映画営業部岡田 直紀2016年入社

経歴
  • 2016年~2018年
    映画営業部中部映画営業支社(現 TOHOマーケティング 中部営業所)
  • 2018年~
    映画営業部シアターマーケティング室
好きな作品
映画:『グリーンマイル』『阪急電車 片道15分の奇跡』『アヒルと鴨のコインロッカー』
演劇:『レ・ミゼラブル』
ハッシュタグ
  • #バスケ好き
  • #バチェラー
  • #うどん

Q学生時代に夢中になっていたことは何ですか。

映画館でのアルバイトです。都心にある映画館で休日は特に忙しかったですが、映画館のにぎわいを肌で感じることができました。
お客様からの問い合わせに答えたり、前売券の販売をしたりと、アルバイトながらに映画興行の一部に関われたことはとても嬉しかったです。
奇しくも今、アルバイトしていた映画館とはガッツリ仕事で関わっているので、人生何があるかわかりません。

Qどんな仕事をしていますか。仕事のやりがいを感じるのはどんな時ですか。

仕事風景

映画営業部には、その名の通り上映期間やキャパシティの交渉といった営業的側面もありますが、私の所属するシアターマーケティング室は、<インシアタープロモーション>と<マーケティング>という2つの側面から映画館に関わっています。
インシアタープロモーションとは、映画館内での宣伝のことです。予告編をかけてもらうべく交渉したり、売店や併設施設とコラボした展開を考えたり、宣材(チラシ・ポスター等)をターゲットの動員が見込める時期を読んで投入したりと、効率的な宣伝を映画館の中で仕掛けます。
マーケティングにおいては、様々なアンケート調査から、今東宝作品はどれほど認知され、どんな宣伝にどんな年齢層が反応しているのか、業界の中での立ち位置や作品のポテンシャルを把握します。これらは社内各所に共有し、共通認識として業務に活かされます。

4名のみの室で、業務は幅広くはありますが、それゆえに東宝作品が映画館内で最も推されているのを見ると、この仕事のやりがいを感じます。

Q会社生活や今の仕事で糧になっている学生時代のエピソードを教えてください。

部活動でバスケットボールをやっていたのですが、何度も言われた<気配り目配り心配り>という言葉を糧としています。「パスを出す人は、それを受ける人が次にどんなプレーがしたいかまで考えてパスを出す」という精神なのですが、今の仕事でも、自分だけで完結するものは一つもないので、私の仕事を受けた後の人がスムーズに仕事ができるように、連絡の仕方や話す内容など、独りよがりにならないように心掛けています。

Q仕事において、今後の目標を教えてください。

仕事風景

社内外でいろんなことを調整することが多いので、当面はこの<調整力>をつけていきたいです。少数の部署のために、自分の発言が“東宝の映画営業部としての意見”としてとられることもあるので、かかる責任も重いです。「全部岡田に聞いておけば、大概大丈夫」と信頼を得られるよう、知識と経験と自信をつけていきたいと思っています。社内にはそれを体現している先輩が多くいらっしゃるので、まずは盗むところから始めています。

Qこれから東宝を志望する学生さんへのメッセージをお願いします。

ここまで長い文章をわざわざ読んでいただき、ありがとうございました。大それたことはいえませんが、一緒に映画を盛り上げていければと思います!少なからずみなさんは映画に少しでも興味のある方だと思うので、映画館に行った際には、「こんな宣伝やってるのか」「こういうターゲットの作品だからこの予告編がかかっているんだ」など、いつもとは違う視点で訪れてみても新たな発見があるかもしれません!

ある日のスケジュール

9:00
出社、興行成績チェック

特に月曜日は早めに出社して、全国の映画館から集まる興行成績をチェックします。
新作公開直後は他部署や他社の方から作品の手ごたえを聞かれることもあるので、全ての数字はすぐに答えられるように、必ず把握しておくようにしています。

11:00
予告編デリバリー作業

全国の映画館へ予告編のデリバリーをすべく、発送リストや案内文を作成して作業手配をします。
予告編はインシアター展開にとって最重要のアイテムです。一見地味な作業がシアターマーケティング室には多いですが、その一つひとつが全国の映画館に東宝作品を浸透させる大切な仕事ばかりです。

12:30
昼食

気分転換も兼ねて、必ず外で食べるようにしています。映画営業部メンバーで行くこともあれば、一人で食べにいくことも。どこに行くか選択肢が多すぎて、ある意味日々の悩みの種です。

14:00
製作委員会

東宝の映画営業部代表として、製作委員会に出席します。作品のブッキング状況(全国○館で公開予定)や前売券の販売情報を共有するのですが、同時期公開作品や類似作品の興行収入なども頭に入れておきます。ここでは「映画興行を熟知している人」として見られるので、準備は欠かせません。

15:30
セールスミーティング

週明けの成績を元に、映画営業部内で打ち合わせをします。シアターマーケティング室からは新作公開後の客層分析や今後の作品の重要なインシアター展開を報告します。営業室から今後のセールスの方針や、管理室から営業利益などの各種数字の報告を受け、「この作品が社内外で今どういう立ち位置か」を理解します。

16:30
インシアター展開の企画書作成

いろんな映画館で、作品と絡めた宣伝を見かけることがあるかと思いますが、これを構築するのもシアターマーケティング室の仕事です。この日は作品とコラボしたフードメニューを提案しました。劇場内での面白い宣伝を考えられるのも、シアターマーケティング室の醍醐味です。

17:30
映画営業部データベース担当と打ち合わせ

映画営業部に集まっている数字やアンケート分析を元に、データベース担当者と打ち合わせをします。我々の仕事では「データを読み取る」だけでは不十分で、「読み取ったデータを使って業務に活かす」ことが目的なので、どういうデータや情報が作品にとって今後有用か、という視点で参加しています。

18:30
退社

朝早く出社している分、ダラダラと残業はしません!映画を観て帰ることもあれば、サッと家に帰ることもあり、飲みにいくこともしばしば。8年目に入った一人暮らし生活を謳歌しています。