Close
ヒトを知る
新卒採用トップ > ヒトを知る > 先輩紹介 > 宣伝部 天羽まみ

先輩紹介

宣伝部天羽 まみ2013年入社

経歴
  • 2013年~2015年
    不動産経営部
  • 2015年~
    宣伝部パブリシティ室紙パブグループ
好きな作品
『(500)日のサマー』『オペラ座の怪人』『キングスマン』

Q学生時代に夢中になっていたことは何ですか。

4年間テレビ局で生放送番組のADのアルバイトをしていました。ニュースの項目を見て、「早読みコーナー」用の新聞を用意したり、カンペを書いたり、原稿を配ったりと、24時頃から、オンエアが終わる朝8時まで走り回っていました。国際的なニュースから災害情報までさまざまな一報を受け、正しく伝えることの重要性と責任感を学びました。また、エンタメコーナーに携わったことは、映画配給の仕事に関心を持つきっかけにもなりました。

Q東宝への入社を希望した理由を教えてください。

小さな頃からテレビが大好きで、バラエティやドラマを見て育ち、「将来はテレビ業界に!」と考えていましたが、実際に自分が生放送番組でアルバイトをしたことで、1度見て消化され、終わってしまう番組が多いテレビの世界よりも、長く愛される作品が数多く存在する『映画』の世界に惹かれました。また、局のスタジオへ映画の宣伝にやって来る東宝の方々を見て「私も東宝で映画宣伝に携わりたい」と思ったことも東宝を志望したきっかけの一つです。

Qどんな仕事をしていますか。仕事のやりがいを感じるのはどんな時ですか。

仕事風景

東宝が配給する映画を雑誌や新聞などの紙媒体で、宣伝をしています。映画化が決まった際のスポーツ紙での情報出しや、完成披露試写会などのイベントへの媒体の呼び込み、公開近くに発売される雑誌でのキャストインタビューをブッキングすることが主な仕事です。編集部の方と話し合って、雑誌で映画のストーリーに沿った企画を組んでいただいたり、イベントを実施する際には、新聞の見出しになるような内容を考えたりと担当する作品の特色を活かした露出ができるように心がけています。中高生がターゲットになる恋愛映画もあれば、シニア向けの歴史もの、ファミリー向けのアニメなど、東宝で配給している作品は様々です。想定していたような露出にならないことや、反響に繋がらないこともあります。各世代がどのような雑誌を読んでいるのか、どんな話題に注目しているのか日々意識して、1人でも多くの方に映画を楽しんでいただけるようにテレビやWEBの宣伝担当と一緒にチームで毎日頑張っています。

Q仕事において、今後の目標を教えてください。

仕事風景

宣伝部での仕事は3年目になりますが、今も毎日新しいことを吸収しながら仕事をしています。昨今インターネットでの情報収集をする人が増えている中で、雑誌とWEBが連動した企画など、紙パブリシティとして面白い露出でみなさんを驚かせたい!と考えています。今の仕事の中で新しいチャレンジをたくさんしてみたいです。

Qこれから東宝を志望する学生さんへのメッセージをお願いします。

私自身、就職活動をしていた頃は、内定までの道のりがとても長く感じられましたが、これからの自分の人生に大きく関わる“仕事”を選ぶと考えれば、とても短い期間だと思います。自分のやりたいこと、夢中になれることをしっかり考え、「就活」の枠に捉われず自らの長所を再発見する期間にできれば、きっと結果はついて来ます。東宝では個性ある先輩方がお待ちしております。意志を強く持ち、自分らしさを忘れず、精一杯頑張ってください!

ある日のスケジュール

9:00
出社・露出確認

朝刊で舞台挨拶や映画化発表など関連する記事の露出をチェック。部内やプロデューサーと共有します。

10:00
メールチェック

夜のうちに届いたメールをチェックしながら、1日のスケジュールを改めて確認します。

11:00
原稿確認

インタビュー原稿が媒体から届くので、誤字脱字や内容に誤りがないか確認します。少し言葉が違うだけで、読み手には異なる意味で伝わり兼ねないので慎重に読んでいます。

12:30
ランチ

日比谷・銀座界隈には美味しいお店がたくさん!先輩や後輩と他愛のない話をしてリフレッシュしています。

13:30
製作委員会に出席

映画に出資する企業が集まる会議に出席します。現状の宣伝の実績や今後の宣伝スケジュールなどを共有して各社のみなさんと更なるヒットを目指します。

15:00
媒体まわり・ブッキング

様々な雑誌の編集部を訪ねて、キャストインタビューや企画の相談をします。作品の良さをアピールして、編集者の方のお話も伺いながら、より良い露出を目指します。

18:00
マスコミ試写

公開が近くなると取材していただく媒体の方に作品を観ていただく「マスコミ試写」を社内の試写室で定期的に実施します。試写後には、ご覧いただいた直後の率直な感想を伺って今後の宣伝に役立てることも。

19:00
チームで打合せ

同じ作品を担当する宣伝プロデューサー、テレビ担当、WEB担当と一緒に今後の宣伝方針やイベントの内容などを話し合います。宣伝期間はチームで協力しながら、動くことが増えていきます。

21:00
退社

マスコミ試写のお客様をお見送りして、メールチェックをしたら退勤!お疲れ様でした!