Close
ヒトを知る
新卒採用トップ > ヒトを知る > 先輩紹介 > 映像事業部 飯島 真知子

先輩紹介

映像事業部飯島 真知子2018年入社

経歴
  • 2018年~
    映像本部映像事業部映像企画室販売推進グループメディア販促チーム
好きな作品
映画:『あゝ、荒野』『勝手にふるえてろ』『溺れるナイフ』『キサラギ』
演劇:『ビリー・エリオット』

Q学生時代に夢中になっていたことは何ですか。

英語ミュージカルの制作に文字通り夢中になっていました。お金集めや予算管理、宣伝、パンフレット制作、団体の運営など、夢にもでてくるほどめまぐるしい日々を送っていました。泣いたり怒ったりとても忙しい日々でしたが、ホールの一番後ろからお客様で埋め尽くされた本番の舞台を目にした瞬間、すべて吹っ飛んでいったのを覚えています。エンターテインメントを仕事にしたいとはっきり決断するきっかけとなった経験でした。

Qどんな仕事をしていますか。仕事のやりがいを感じるのはどんな時ですか。

仕事風景

パッケージ(Blu-ray・DVD)の販売促進を行っています。一枚でも多くの作品がお客様の手に届くよう、どんな映像特典やグッズをつけるか、どこでどう広告を打てば一番効果的か、何をニュースにすればより多く取り上げられるか、そんなことを考えていく仕事です。
配信サービスが主流となっていくなかで、それでもモノがほしいと思っていただけるような魅力的な商品を作り、広めていくのはチャレンジングです。お客様がとても近い仕事で、一つ一つの仕事の結果が、SNSや予約数を通してすぐにかえってきます。
TwitterやInstagramの公式アカウントも担当しているのですが、発売のお知らせに対する「待ってました!」、「絶対に買う!」という声はうれしくて何度も見返してしまいます。そして、最終的に多くの方の手に商品が届くのが何よりもの喜びです。

Q会社生活や今の仕事で糧になっている学生時代のエピソードを教えてください。

とにかく沢山のアルバイトをし、色々な世界で働く人と出会う大学生活でした。さまざまな人生の歩み方を目の当たりにできたからこそ、今肩の力を抜いて生きられている気がします。料亭のベテラン女性陣、映像制作現場の職人のおじさま方、通訳でかかわった外国の方々、ベビーシッターで出会った都会のご夫婦など、挙げ始めればきりがありませんが、生き方は千差万別だと、つくづく感じます。自分の身の回りだけが世界の全てではないことを、ずっと見失わずにいたいです。

Q仕事において、今後の目標を教えてください。

仕事風景

いつも親切で、機嫌よくひょうひょうと困難を乗り越えられる人間でいたいです。社会人を半年経験して思うのは、日々がめまぐるしく過ぎていくということ。頭を整理し、心の余裕を取り戻す時間を意識的に作らないとすぐにいっぱいいっぱいになってしまいます。驚くのは、忙しく第一線で活躍している方ほど、日々のたたずまいが落ち着いていて、まとう空気もやわらかいということです。そんな先輩方を見習い、一人でも多くの方々に心の動く映画や演劇、アニメをお届けしたいです。

Qこれから東宝を志望する学生さんへのメッセージをお願いします。

就職活動においても、その後の社会人生活においても、自分の直観は大切にするとよい気がします(社会人経験半年の身ですが…)。
周囲の人間や情報に踊らされず自分にとってしっくりくるかどうかを重視して進路を選ぶって実は難しいのではないかと思うので…自分の人生を生きるのは自分ですからね!好きなものをしっかり好きでいながら、沢山人と話し、沢山のことを吸収して、直観を研ぎ澄ませておくと、いざというとき素敵な決断ができるのではないでしょうか。

ある日のスケジュール

10:00
メールチェック

夜のうちに届いたメールに目を通し、今日進めるべきことを再確認します。

11:00
制作物確認

雑誌やWEBサイトに掲載していただくパッケージ情報ページや、レンタルショップの店内放送原稿をチェックします。誤字脱字はもちろん、細かい言い回しにも気を付けて確認を進めます。

12:30
ランチ

映像事業部は約100人の大所帯。お昼の時間は先輩方と話すチャンスです!日比谷・銀座のおいしいお店でエネルギーチャージします。

13:30
打合せ

4か月後にリリースを控える作品についてチームで打合せをします。発売日・特典内容・価格などを決めていきます。

14:30
取材立ち合い

3か月後にリリースを控える作品の監督・キャストに作品についてのインタビューを受けていただきます。
一人でも多くの方にパッケージリリースの情報を知っていただき、商品を手に取っていただくためのとても大切な取材です。

18:00
初日舞台挨拶に出席

担当作品の初日舞台挨拶に立ち会います。これからパッケージのリリースまで、半年間お付き合いの続く大切な作品の船出。監督・キャスト・お客様の雰囲気を肌で感じながらどんな商品が喜んでもらえるのか考えをめぐらせます。

18:30
デザイン案出し

パッケージにつける特典物のデザイン案をつくります。作品の世界観が詰まった素敵なグッズを考える時間は心が躍ります。

20:00
退勤

メールをチェックして退勤。