Close
ヒトを知る
新卒採用トップ > ヒトを知る > 先輩紹介 > 演劇部 世継彩乃

先輩紹介

演劇部世継 彩乃2012年入社

経歴
  • 2012年~2014年
    総務部
  • 2014年~2015年
    演劇部(帝国劇場)
  • 2015年~
    演劇部企画製作グループ国際室
好きな作品
『ミス・サイゴン』『ルドルフ~ザ・ラスト・キス~』『天使にラブ・ソングを』『アバウト・タイム』

Q学生時代に夢中になっていたことは何ですか。

アイスホッケー部のマネージャーとしての活動が、大きな割合を占めていたと思います。練習は基本深夜だったので、朝方に帰宅してから一限に出席するということもよくあり、体力的にも鍛えられました。合宿・大会の運営や、選手のケア、データ管理など、同期がいない中で奮闘する日々でした。また、ゴルフサークルにも所属していました。現在会社のゴルフ部にも入っていますが、ゴルフを通じて様々な方とご一緒する機会にも恵まれ、ゴルフをやっていて良かったと思うことが多いです。

Q東宝への入社を希望した理由を教えてください。

何よりも、自分に新しい世界があることを教えてくれた、帝国劇場でのミュージカルを製作している会社であること。高校生の頃から、その日、その瞬間だけの特別な夢を見せてくれる、疑似体験をさせてくれる舞台に夢中でした。選考の中で、なぜ、何を、どうやって、を追及していくうちに、自分の想いを改めて認識し、今まで観てきたものや考えてきたことを生かして仕事をしてみたい、という気持ちが強くなりました。

Qどんな仕事をしていますか。仕事のやりがいを感じるのはどんな時ですか。

仕事風景

演劇部では、川上から川下まですべて部署の中で完結していますが、その中で文字通り「海外」に関連することを担当するのが国際室です。主たる業務としては、上演作品の権利元との交渉・契約締結、海外情報収集、海外スタッフ・ゲスト招聘、東宝オリジナルミュージカルの海外へのライセンス業務、東宝作品のCD、DVD製作などが挙げられます。
特に、作品を上演するまでの各段階で何かと関係してくるのが「権利」の問題であり、海外作品においてはその窓口として、舞い込んでくる様々な案件に迅速に対応する必要があります。この音源を使って良いのか?こういった宣材物を作って良いのか?…作品の数だけそのパターンがあり、日々勉強、です。また、より現場に近い仕事も。衣裳の生地を海外で購入する、台本の内容について権利元とやり取りをする、といった制作に関連する内容でももちろん窓口となるため、作品の内容をしっかりと理解することが非常に重要です。そして、海外のクリエイターやゲストと直接接する機会が多いということも大きな特徴であり、刺激的な機会です。非常に刺激となり、毎回が貴重な機会です。
このように業務が多岐にわたるため、演劇部全体と関わりがあります。そのため、一つの舞台の初日の幕を開けるまでにいかに大勢の力が結集しているのか、ということを身に染みて感じる日々であり、無事幕が開き、劇場に鳴り響く拍手の音を聞くと、それが大きなやりがいにつながるのだと思います。

Q仕事において、今後の目標を教えてください。

仕事風景

作品数も増え、気づけば日々の業務の波にのまれてしまいがちです。そんな中で、常にインプットを行う余裕を持ちたい、と思っています。いつもこうありたいと思うのですが、なかなかこれが難しい。社内では、忙しい人ほどこういった時間を持っている印象があります。色々なものを吸収し、広くモノを見られる視点を持ちたい、と思っています。

Qこれから東宝を志望する学生さんへのメッセージをお願いします。

とにかく枠にとらわれず、やるかやらないか迷ったらやってみる!くらいの勢いを。私は、自分の中でこう決めて就職活動をしていました。そして、好きなことを徹底的に追求すること。働いていて日々思うのは、この会社ではどんな人も「これだけは語れます!」というものがあり、それを追求している姿は素敵である、ということです。色々と思い悩むこともあると思いますが、自分がやってきたことを信じて、頑張ってください。

ある日のスケジュール

9:30
出社、メールチェック

演劇部国際室での海外とのやり取りはほぼ100%メール。夜中に来ているものを随時チェック。

9:45
スカイプ会議

隔週で行うNY事務所(1名駐在)との会議。契約の進捗状況や新作情報の共有などを行い、ブロードウェイの最新情報をキャッチアップします。

11:30
入国管理局へ

来日スタッフのビザ取得のために必要な申請のため、入国管理局へ。招聘業務は、ビザ申請のほかにも役務契約締結、航空券やホテルの手配など地道な作業です。

13:00
ランチ

一人のことも多いですが、同期と少し遠くに出ることもしばしば。束の間の息抜き!

14:00
DVD内容打ち合わせ

次回発売するDVDの特典映像内容について、プロデューサーと打ち合わせ。CD、DVDといったパッケージの数も増えており、収録・制作をし、販売するまでの流れをすべて管理しています。

15:00
契約書チェック

上演作品の契約書の内容を確認。問題点を指摘し、権利元とやり取りをします。契約書独特の表現や言い回しに慣れるには、数をこなすことしかない、と日々修行です。

17:00
海外情報チェック

ブロードウェイやウェストエンド、ウィーン、韓国など、各国の新作情報を随時チェックしまとめていきます。これをブレスト会議で共有、意見交換をします。企画の芽を探す、重要な仕事です。

19:00
会食

来日中のスタッフと会食。直接様々なことを聞くことができる、貴重な機会です。現場を離れて共にお酒をいただくことで、少しリラックスムードのお話も。

21:30
帰宅

帰宅してから、日々撮りためているドラマを観まくります!