Close
ヒトを知る
新卒採用トップ > ヒトを知る > 先輩紹介 > デジタル・コンテンツ営業室 海野 航平

先輩紹介

デジタル・コンテンツ営業室海野 航平2012年入社

経歴
  • 2012年~2014年
    経理財務部
  • 2014年~2018年
    映画営業部
  • 2018年~
    デジタル・コンテンツ営業室セールス課
  • ※2016年よりゴジコン(ゴジラ戦略会議) プロジェクトメンバー
好きな作品
『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』『女王陛下の007』『殺人狂時代』(岡本喜八監督)『ゴジラ』(1954)

Q学生時代に夢中になっていたことは何ですか。

何か一つのことに夢中になっていた、という事はありませんでした。ただ、映画(主に洋画)を見るのが大好きだったので、授業が終わればレンタル店に直行して大量にDVDを借りたり、映画館に通ったり…。そんな中で、映画を介してつながった友人たちと遊んでいるうちに、有名な映画監督や俳優を紹介して貰える事もありました。映画一辺倒ではなく、大学のサークル活動に勤しんだり、塾講師のアルバイトをこなしたり。基本的には「普通の大学生活」を送っていたと思います。

Qどんな仕事をしていますか。仕事のやりがいを感じるのはどんな時ですか。

仕事風景

現在、「デジタル・コンテンツ営業室」と「ゴジラ戦略会議(ゴジコン)」という2つのセクションで仕事をしています。

〇デジタル・コンテンツ営業室
映画・アニメ・ドラマ等、東宝の映像作品全般のテレビ放送、配信、機内上映の権利を販売・運用しています。例えば、テレビで放送されている東宝作品は、デジタル・コンテンツ営業室がテレビ局と交渉し、放送権を購入していただくことで、初めてテレビ放送されています。放送権(作品をテレビで放送する権利)を販売したら仕事終了!というわけではなく、どこをカットしてどこにCMをいれるか監督と相談したり、放送を盛り上げるためにどんな告知を行うかテレビ局と作戦を練ったり…。映画のテレビ放送に関するすべての業務を行います。配信、機内上映も基本的には同様です。いかに良質な東宝作品をお客様に届けられるか。映画館での上映終了後も、素晴らしい作品を文化として残していくべく、さまざまな事業者と交渉します。
〇ゴジラ戦略会議(ゴジコン)
「ゴジラ」を芸能人に例えると、ゴジコンの仕事は「ゴジラのマネージャー」です。「ゴジラ」というキャラクターが世界で愛されるために、どんな展開をすれば面白いのか。どうやったらファンのみなさんに喜んでいただけるのか。「ゴジラ」に関するあらゆる展開を企画し、実行しています。テーマパーク向けのアトラクションを開発したり、お子様向けに「ちびゴジラ」というキャラクターを企画したり…。自由な発想で取り組んでいます。

双方共通していることは、「映像作品」と「ゴジラ」という自分が愛するものを運用して、いかに後世に残していくのか、という事です。自分が仕掛けたテレビ放送やゴジラ企画に反響があるのを見ると、ひとりのファンとしてとても嬉しく、やりがいを感じます。

Q会社生活や今の仕事で糧になっている学生時代のエピソードを教えてください。

学生時代、映画イベントでボランティアスタッフを務めることが度々ありました。「趣味に関わることなら楽勝だろう!」と臨んだものの、イベント運営は結構ハードで、色んな人とのコミュニケーションや気遣いが求められました。今の仕事はある意味趣味の延長線上なので楽しいのですが、遊びではなく、社会人として責任感をもって仕事に取り組めるのは、あの頃の経験が糧になっています。

Q仕事において、今後の目標を教えてください。

仕事風景

「仕事と趣味の両立ができる社会人になりたい」、と常々考えています。「趣味(=映画)を仕事にして辛くないか?」とよく聞かれます。入社以来、大変なこともありましたが、むしろ趣味を仕事にして良かったと思うことばかりです。社会人として、仕事をする=お金を稼ぐ、という責任があります。ただ、そこで取り扱うものが大好きな映画である以上、「お金を稼ぎつつも、どうしたら映画を文化として後世に残していけるのか。お客様に楽しんでいただけるのか。」を追求することが、自分の使命だと思っています。この気持ちを持ち続けていられるようにしたいです。

Qこれから東宝を志望する学生さんへのメッセージをお願いします。

就職活動を続けていると、「本当は何がしたいのか」「本当に就職できるのか」など、不安に悩まされ、焦ることが多いと思います。そんなときは、自分なりの「軸」を大切にした方がいいと思います。僕の軸は、「今の仕事を、子供時代の自分に自慢できるかどうか」でした。きっと「趣味を仕事にするな」という人が周りに多いと思いますが、僕は「好きな事こそ仕事にしないと人生は楽しくない」と思っています。自信をもって、取り組んでみてください。

ある日のスケジュール

10:00
デスクワーク

出社して最初の1時間。パソコンを立ち上げて、溜まったメールをチェックします。そのあとは届いた郵便物を確認したり、昨夜放送された映画の視聴率をチェックしたり…。この1時間で一日の雑務処理をサクサク終わらせます!

11:00
ゴジラ戦略会議(ゴジコン)分科会

今後のゴジラ展開を考える会議。部署や入社年次をまたいで、十数名でフランクに意見交換をします。冗談とも思えるような意見から面白い企画が生まれて実現することも!

12:30
日比谷でランチ

ランチは、出来るだけ色んな人と行くようにしています。このオフの時間は、仕事を忘れ、できるだけくだらない話をしたり、相談に乗ったり乗られたり…。社内外問わず、色んな人と会うようにしています。

14:00
テレビ局打ち合わせ

今日はランチ後、そのまま取引先のテレビ局に直行します。編成の方々に、今後放送していただきたい作品についてプレゼンします。といっても堅苦しいものではなく、半分雑談しつつ話を進めると、案外上手くいきます!

15:30
資料・契約書作成

先ほどの打ち合わせの結果、無事に数作品をテレビ放送していただけることになりました。帰社後、早速、放送権の販売に関する資料、契約書を作成。できるだけ早く上長の承認を取り、契約締結できるよう頑張ります。

16:30
配信用資料作成

隠れた東宝の名作を配信すべく、権利関係を整理するために資料を作成。傑作を埋もれさせておくのはもったいないので、権利関係の問題をクリアにすべく、社内の倉庫から製作当時の契約書を引っ張り出します!

17:30
ゴジラのイベントについて打ち合わせ

権利関係を整理していたら、突然社内でお声がかかりました。何事かと思いきや、次回のゴジライベントで販売する限定品、何がいいのか意見が欲しいとのことでした。ひとりのオタクとして、なるべくファンに喜んでいただけるように、即興でアイデア出しを行います。実現すると嬉しいです!

18:30
退勤!

打ち合わせが終わると、もう終業時刻になっていました。できるだけ残業はせず、さっさと退勤します。明日は映画館に行こうかな~、と思いを馳せながら、今日は同業他社の友達と飲み会。終電までには終われるようにしたいですね…。