エントリー
Close
ヒトを知る
新卒採用トップ > ヒトを知る > 先輩紹介 > 総務部 小松 梨紗子

先輩紹介

総務部小松 梨紗子2019年入社

経歴
  • 2019年~
    総務部広報・IR室
好きな作品
『砂の女』『百万円と苦虫女』『美しき冒険旅行』『ハウス・ジャック・ビルト』
ハッシュタグ
  • #O型人間
  • #凝り性
  • #スプラッター好き
  • #マイブームは湯めぐり

Q学生時代に夢中になっていたことは何ですか。

“自分の好奇心がそそられるものを自分でつくりだす”ことに夢中になっていました。趣味や好みにこだわりが強いせいか、日々「こんなものがあったらいいな」という想いを募らせており、学生時代は“ないなら、つくるまで。”をモットーに創作活動をしていました。時には自分の趣味を全開に出した飲食店を開いたり、映画やインスタレーション作品をつくってみたり…。思うが儘に手を動かし、カタチにしていきました。実家に謎の置物を量産したまま放置しているので、そろそろ母親の堪忍袋の緒が切れそうで怖いです。

Qどんな仕事をしていますか。仕事のやりがいを感じるのはどんな時ですか。

仕事風景

社外・社内問わず、会社の“窓口”となる広報業務をしています。社外に向けては、取材依頼への対応やWEBサイトの運営を行うほか、子どもたちに「映画ができるまで」を説明する講義を行うなど、マルチな活動をしています。最近は、投資家向けの広報業務(IR)の1つである「CSRレポート」の作成をするにあたり、東宝グループを横断して取材や原稿執筆に打ち込んでいます。入社したての自分が会社の情報を発信する立場にいるのはなんだか不思議な感覚ですが、老若男女問わず、様々な方とコミュニケーションをとれることに魅力を感じています。また、社内業務としては社内報の作成もしています。自分の担当するページでは企画立案・取材・原稿執筆を一貫して受け持つことができるので、気合が入る部分でもあります。社員の魅力や意外な一面を引き出すべく、目を光らせて情報収集していくのもまた楽しい作業です。

Q会社生活や今の仕事で糧になっている学生時代のエピソードを教えてください。

映像制作会社での編集アシスタントとしてのアルバイト経験です。スキルゼロの状態でスタートしたために、常に私は“まなぶ”立場にいました。しかし、お金をいただいている立場で“まなぶ”というのは非常に肩身が狭いものです。そのため、とにかく「自分だからこそできること」を考え、取り入れる姿勢を持ちながら業務に臨むように心掛けており、それは今の仕事の糧になっているように感じます。僅かばかりですが、実務的な面でも映像編集やデザイン組みのスキルが役立つことがあります。

Q仕事において、今後の目標を教えてください。

仕事風景

社会人になって強く感じるのは、コミュニケーション能力が物事の切り札となる場合が多いということです。そして切り札となるコミュニケーション能力は、日常的にアンテナを広く張り、そこで収集した引き出しを沢山持つことで培われてゆく業であるように感じます。そんなコミュニケーションの取り方を習得すべく、映画に限らず様々なコンテンツに意識的に触れてゆくようにしています。

Qこれから東宝を志望する学生さんへのメッセージをお願いします。

私は常日頃から「最悪な事態を想定しながら」行動しています。それは裏返すと、何が起きても想定範囲内又はそれ以上であるというスーパーポジティブシンキングでして、就職活動中もこの思考をもって面接などに臨みました。必然的に準備も入念になるのでおすすめです。これに加えて、煮詰まったときこそ、“いつもなら観ないジャンルの映画を観ること”をおすすめします。コメディ好きならば鬱映画を。ヒューマンドラマ好きならばスプラッター映画を。アクション好きならばフランス映画を…。新境地がひらけてくるかもしれません。

ある日のスケジュール

10:00
新聞切り

出社早々、大量の新聞を確認し、総務部に共有すべき記事を切り取ります。経済紙からスポーツ紙まで網羅するので、全部で10紙もの新聞を読みます。贅沢です。

10:30
WEB問合せチェック

東宝オフィシャルサイトの制作や、そこに寄せられる主に一般のお客様からのお問合せについて対応していきます。全ての部署のお問合せ内容を広報・IR室が一度確認する必要があるので、今、社内で何が起きているのかを幅広く知ることができます。

12:30
昼食

お昼はお弁当を持参することが多いです。晴れた日にはゴジラスクエアや日比谷公園でプチピクニックをします。

14:00
講義

東宝の業務に興味を持って下さった中学生・高校生にむけて「映画ができるまで」のレクチャーをします。映画がお客様のもとへ届けられるまでに、多くのスタッフの手による様々な作業工程があることを知ってもらい、映画をもっと好きになってもらえるよう努めています。

15:30
取材

社内報の記事を作成するにあたり、取材を行います。時には東宝配給作品のご出演者や製作者の方にインタビューを行うことも。この日は日比谷シャンテ内の店舗を紹介すべく、東宝社員に店舗商品を実際に使ってもらう、体験型のリポート取材をしました。

17:00
原稿執筆

記憶の新しいうちに原稿を執筆。限られた文字数の中で魅力を語るのは、なかなか難しい作業です。

18:30
退勤

最近導入したコーヒーマシンを洗浄しがてら、一服して退勤。オフィスの隣にはTOHOシネマズ日比谷があるので、退勤後はよくそこで映画を観ています。この日は『ブレードランナー』IMAX上映を鑑賞。感無量です。