エントリー
Close
ヒトを知る
新卒採用トップ > ヒトを知る > 先輩紹介 > 経理財務部 瓜田 知大

先輩紹介

経理財務部瓜田 知大2018年入社

経歴
  • 2018年~2019年
    演劇部営業戦略グループ帝国劇場営業係
  • 2019年~
    経理財務部経理室経理第3チーム
好きな作品
映画:『浮雲』『スターウォーズ』『ミスター・ノーバディー』『タクシードライバー」
演劇:『レ・ミゼラブル』『ジャージー・ボーイズ』
ハッシュタグ
  • #森雅之
  • #大正
  • #カレー
  • #フィルムカメラ
  • #レコード
  • #が好き

Q学生時代に夢中になっていたことは何ですか。

学生時代、『浮雲』という映画に夢中になっていました!もちろん、部活、勉強、留学と学生らしいことにも打ち込んできましたが、この映画に学生時代、魅了されっぱなしで、登場人物の服装・髪型・話し方まで真似するくらい好きでした。フランスへ留学していた際、私が「浮雲が好き」と伝えると、多くのフランス人がこの作品を知っていたので、素晴らしい作品は国や世代を超え愛されるものだと感じ、日本の作品を海外へ広め、「浮雲にかかわる仕事がしたい!」と東宝を志望するきっかけとなったほど夢中になりました。

Qどんな仕事をしていますか。仕事のやりがいを感じるのはどんな時ですか。

仕事風景

経理とは「経営管理」の略で、会社の経営の一旦を任されているとても重要な部署です。部門の損益を確定させ、東宝が現在向かっている方向、これから向かうべき方向を数字を通して経営陣に伝えることが使命です。経営の一翼を担うことができる点は経理財務部のやりがいだと思います。また、私は映像事業部というパッケージ、劇場商品、パンフレット、ODS、アニメ制作、キャラクター開発を行っている部門の会計を担当しています。映像事業部は新規事業に積極的なため、東宝のさらなる進化を会計の視点から支えることが第3チームとしてのやりがいではないかと感じています。映像事業部の経理を担当してから、映像ビジネスのスキームが垣間見え、驚きの連続でとても刺激的な日々を過ごしております。東宝に入社したら、ぜひ経理で一緒にお仕事をしましょう!

Q会社生活や今の仕事で糧になっている学生時代のエピソードを教えてください。

アフリカと日本を結ぶ一般社団法人の学生団体の委員長をしており、そこでの経験が今の糧になっていると思います。委員長として、団体を活動的にするイベントの企画、運営の資金集め、アフリカのVIPとの交流など、なかなか大変なことがありました。その中で、この団体を守り、より良いものにしていきたいという強い責任感が芽生えました。経理は経営の一旦を任されている部門なので、この経験で得た責任感が会社生活の糧になっているのでないかと思っています。

Q仕事において、今後の目標を教えてください。

仕事風景

「型破り」な社会人になりたいです。茶道や武道で修行の段階を「守破離」と表します。仕事の基本を「守り」、基礎が完成したら工夫をし、型を「破る」。そして、新しい視点で仕事を行い、既存の方法から「離れ」、自分の型をつくる。私は今現在、先輩から仕事の内容だけではなく、社会人としての「いろは」を教えていただいており、基礎固めの「守り」の期間です。いつか、先輩から学んだことを守りつつも、自分のスタイルで仕事をこなし、常識やルールに囚われない、「型破り」な社会人になるよう、日々精進しております。

Qこれから東宝を志望する学生さんへのメッセージをお願いします。

銀幕のスター高峰秀子さんの手形が日比谷シャンテと東京ミッドタウン日比谷の間の地下通路に飾られおり、そこには「心に太陽を くちびるに歌を」と記されています。就職という通過儀礼には、辛い経験が多く待ち受けていますが、心には太陽のように明るい気持ちと、くちびるから歌が出てくるような元気を持っていれば、きっとどんなことも乗り越えられます!自信を持ってあなたらしい就職活動をしてください。夢を諦めず、どんな時も笑顔でいましょう!

ある日のスケジュール

10:00
出社

通勤はシャンテの地下通路を通り、高峰秀子さんの手形からエネルギーをもらいます!大切なルーティンです。経理はフレックス制なのですが、郵便の整理などがあるので私は10時頃に出勤します。

10:30
メールチェックと1日の予定の立て

帰宅後もメールが来るので、メールの確認をします。また、その日のスケジュールの確認し、そこからその日のやることを決めていきます。今日は15時に打ち合わせがあるので、午前中までに契約書を読むようにします。

11:00
契約書の確認

映像事業部から契約書が1日2件ほど回覧されるので、経理もチェックをします。ここでは支払いの日付や会計に関わる契約内容をチェックします。経理に配属されるまで、エンターテインメントのビジネスにはここまで契約が多いと知りませんでした。

12:30
ランチ!

チャイムが鳴ると、ランチの時間です!部署の垣根を超え、先輩、後輩、同期と日比谷界隈で昼食を取ることが多いです。食事中、映画、アニメ、演劇などエンタメの話で盛り上がるのは東宝社員のランチならではかと思います。

13:30
伝票の承認

映像事業部の事業領域は広いので毎日多くの伝票が部門から来ます。支払日、入金日、支払金額、入金額など部門が起票した伝票が正しいかを確認し、承認をします。東宝の信用問題に関わるため、慎重に確認し承認をします。

17:00
月次ミーティング

毎月、映像事業部の方と打ち合わせを行います。ここで部門内での問題を経理と情報共有をします。

18:30
退勤

経理は月の前半は月次決算があるのでがっつり仕事をして、月次業務を終えた月の後半は少し早めに帰ることができるので、公私のバランスがとりやすい部署です。今日は金曜日なので、友人と銀座・新橋界隈で1杯。帰りも高峰秀子さんの手形の前を通り、心の中で、1日の報告をします。