エントリー
Close
ヒトを知る
新卒採用トップ > ヒトを知る > 先輩紹介 > 法務部 天羽 まみ

先輩紹介

法務部天羽 まみ2013年入社

経歴
  • 2013年~2015年
    不動産経営部東宝日比谷ビル営業室営業課
  • 2015年~2019年
    宣伝部パブリシティ室紙パブグループ
  • 2019年~
    法務部コンプライアンス室
好きな作品
『(500)日のサマー』『ウォルト・ディズニーの約束』『はじまりのうた』『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』
ハッシュタグ
  • #猫信者
  • #訛りがち
  • #ラーメン
  • #息子の虜

Q学生時代に夢中になっていたことは何ですか。

4年間テレビ局で生放送番組のADのアルバイトをしていました。ニュースの項目を見て、「早読みコーナー」用の新聞を用意したり、カンペを書いたり、原稿を配ったりと、24時頃から、オンエアが終わる朝8時まで走り回っていました。国際的なニュースから災害情報まで様々な一報を受け、正しく伝えることの重要性と責任感を学びました。また、エンタメコーナーに携わったことは、映画配給の仕事に関心を持つきっかけにもなりました。

Qどんな仕事をしていますか。仕事のやりがいを感じるのはどんな時ですか。

仕事風景

コンプライアンス室では、社内の各部門やグループ各社からの法律に関わる相談事に対応したり、社内、東宝グループ各社内で法令違反になる行為がないか調査をしたりしています。「コンプライアンス」を和訳すると、「法令順守」です。法令の中でも特に「個人情報保護法」「下請法」「消費税転嫁対策特別措置法」「景品表示法」などを取り扱うことが多く、相談案件もこれらの法律に関することがほとんどです。法律の名前が並ぶとどうしても堅く、難しいイメージがありますが、各部門の業務に当てはめて考えると堅苦しい印象の法律も大変身近な存在に感じられます。様々な相談事に耳を傾け、解決に導くことは、映画の公開、宣伝イベント、演劇の上映、取引先との契約等が問題なく、スムーズに執り行われるためにも重要な業務です。今以上に社内の各部署、東宝グループ各社にとって身近で頼りになる存在となって、一緒にグループ全体を成長させていきたいです。

Q会社生活や今の仕事で糧になっている学生時代のエピソードを教えてください。

やはりアルバイトと旅行です。学生時代は、ADのアルバイトをしながら、催事やビアガーデンの接客、出版社での編集アシスタントでも働き、いつ寝ていたのか今になってはうろ覚えですが、月に50回近くシフトを入れた時もありました。アルバイトで培った体力、対応力、経験値は今でも様々な場で役に立っています。そして、バイト漬けの日々で貯めたお金で25の国と地域、46都道府県(あと1県!)を旅してきました。食費・宿泊費込み10万円で南米北米を20日間旅したり、モンゴルやタイでホームステイをして、農作業をお手伝いしたり。旅の中で得た適応力、コミュニケーション力も今、大変役立っています。

Q仕事において、今後の目標を教えてください。

仕事風景

法務部に異動したばかりのため、まずは、必要な知識をより多く身につけることが目標です。以前所属していた宣伝部では、チームや他社の方々との業務が多かったのですが、法務部では、社内の様々な部署、東宝グループ各社の方々とのやりとりが多く、東宝グループの業務が多岐に渡ることを改めて実感しています。グループで働くみなさんの業務のあらゆる問題点や悩みを解決するべく、関係する法律の知識を身につけることが今の私に求められていることのひとつだと思っています。そのためにセミナーを受講したり、日々様々な実例をチェックし、その知識を少しでも早く各部、グループ各社の問題解決に活かしたいと思っています。

Qこれから東宝を志望する学生さんへのメッセージをお願いします。

私自身、就職活動をしていた頃は、内定までの道のりがとても長く感じられましたが、これからの自分の人生に大きく関わる“仕事”を選ぶと考えれば、とても短い期間だと思います。自分のやりたいこと、夢中になれることをしっかり考え、「就活」の枠に捉われず自らの長所を再発見する期間にできれば、きっと結果はついて来ます。東宝では個性ある先輩たちがお待ちしております。意志を強く持ち、自分らしさを忘れず、精一杯頑張ってください!

ある日のスケジュール

9:15
出社、メールチェック

育児時短を取っており、17:30過ぎには退社をしなければいけないため、朝は少しだけ早く出社しています。
前日の退社後に届いたメールを確認して、不在時の状況を把握したり、その日のスケジュールを確認します。新聞やネットニュースで、業界や関連法に関わる情報もチェック。コンプライアンス室の業務に関連するセミナーの案内も確認し、必要であれば受講を申し込みます。

10:00
庶務

部内では一番若手のため、請求書の処理や物品の補充も行います。庶務は、午前中の落ち着いた時間に済ませてしまいます。子どもがまだ小さく、発熱などで保育園から呼び出されることもあり、病名次第では数日自宅で看病をすることになります。その日のうちに済ましておくべき業務は、できるだけ早い時間に済ませるように心掛けています。

11:00
相談対応

社内の各部門やグループ各社から、個人情報の取扱い等に関する、様々な相談が寄せられます。詳細をヒアリングしたり、契約書等の資料を取り寄せ、法令に違反していないか、正しい処理方法を確認します。

12:30
昼休み

朝晩の食事は、子どもの相手をしながらバタバタと済ますことが多いため、貴重なまったりタイムです。同僚と一緒にランチ食べに行ったり、ゆっくり読書をしながら過ごしたりしています。

13:30
打ち合わせ

各部門からの相談内容について、コンプラインアンス室内で改めて問題点を洗い出します。「法律」を扱っているため、「他の法には触れないか」「本当にこの見解で間違っていないか」と慎重に検討します。場合によっては、その分野に詳しい他部門の担当者や顧問弁護士にも相談し、見解をすり合わせて相談元に回答します。

15:00
調査

定期的に行政機関等から、様々な法律に関連する調査依頼が来ます。調査に関連する取引について、各部門にヒアリング、実態調査をし、会社としての回答を取りまとめます。増税や法改正がある際には、独自のアンケートを作成し、社内の各部門やグループ各社の対応等に問題がないか確認することもあります。

16:00
リーガルチェック

映画調整部や映像事業部から新作映画の脚本を預かり、内容をチェックします。リーガルチェックでは、表現方法に問題はないか、事実と異なる内容で当事者に不利益が生じるようなことは起こらないか、権利者の許可は得ているか等を確認することが目的です。「面白いかどうか」ではなく、作品の特色を考慮した上で、法務部ならではの視点でチェックし、見解をまとめます。

17:30
退社

一足先に退社。帰りの電車では、保育園の行事予定や連絡帳をアプリでチェックしたり、夕飯の献立を決めたりしています。

18:15
保育園お迎え

朝は主人が息子を保育園に預け、夜は私が迎えに行く分担になっていますが、お互いの業務の都合によって柔軟に対応しています。お迎え後は、怒涛の育児&家事タイムのスタートです。息子は20:00にはねんねモードに入るため、それまでに食事をさせ、お風呂に入れ、寝かしつけの準備、と慌ただしく時間が過ぎていきます。
復職直後は、バタバタで家のことがスムーズに進まないこともありましたが、最近では効率よくこなせるようになり、子どもとゆっくり触れ合う時間も作れるようになりました。