エントリー
Close
シゴトを知る
新卒採用トップ > シゴトを知る > 映像・映画 > 営業

営業

より多くのお客様にコンテンツが届く環境を創り出す

たくさんのスタッフの力を結集させて生まれた作品を、ひとりでも多くのお客様に観ていただくために重要なのが「営業」という仕事です。東宝では大きく分けて2つの「営業」を行っています。映画での上映(1次利用)のための営業と、動画配信サービスや有料/地上波テレビ放送など(2次利用)のための営業です。作品のターゲット、ポテンシャルなどあらゆる情報を吟味し、より適切な上映規模・上映回数を、映画館と丁寧に交渉を重ね協力しながら、お客様が映画を鑑賞いただける環境を整える映画営業の仕事。そして、東宝が権利をもつ映画やアニメ、テレビ作品をお客様のニーズに合った形で提供できるよう、配信サービス会社やテレビ局など映画館以外への媒体に営業をするデジタル・コンテンツ営業の仕事があります。

●映画営業

映画営業部は、番組編成された作品を、全国の映画館・シネマコンプレックスに配給しています。作品に応じた配給戦略を立てられるのが、東宝の配給網の強みです。セールス担当の社員は全国各地の映画館に対し、「映画」という形のない商品を、少しでも有利な条件で提供できるように営業活動を行っています。東宝は収益性の高い作品を、年間を通して配給しているため全国の映画館からの信頼も厚く、それが強力な東宝配給網の礎となっています。

○映画営業部の構成

映画営業室
セールスを担当する社員が所属します。東宝配給作品のポテンシャルを最大化させるために、各都道府県の担当セールスが作品に合ったマーケットを選定し、映画館へブッキングを行っていきます。また、上映期間・上映回数・キャパシティの交渉から精算業務まで、映画館への窓口機能を担っています。
映画営業管理室
作品の配給計画を立て、日々の売上を管理してデータを作り、セールスに役立てます。映画営業部のブレーンとなる存在です。
シアターマーケティング室
劇場プロモーション展開の企画・立案を行い、興行会社と交渉し、映画館の中で東宝配給作品をより大きく宣伝してもらうことを目的としています。また、映画営業部の代表として、製作委員会に参加し、その情報を興行会社や各地区セールスへ伝え、作品の期待感を煽ります。映画前売券販売数の状況を確認し、マーケティング担当として作品のポテンシャルを把握します。
西日本営業室
東宝の映画営業は、エリアごとに担当者を置くことで、きめ細やかに、より丁寧な交渉、宣伝展開を作り上げています。西日本営業室は、関西・九州・中部地区を担当。それぞれの地域の特性や、地元企業を巻き込んだ宣伝展開を積み上げることで、日本全国でのヒットへとつながります。

【近年の配給作品】(東宝配給作品のうち 興行収入上位10作品)

●2017年
『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』(68.9億円)
『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』(44.3億円)
『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』(35.5億円)
『君の膵臓をたべたい』(35.2億円)
『メアリと魔女の花』(32.9億円)
『映画妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』(32.6億円)
『忍びの国』(25.1億円)
『関ヶ原』(24.0億円)
『海賊とよばれた男』(23.7億円)
『昼顔』(23.3億円)
              
●2018年
『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(93.0億円)
『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』(91.8億円)
『映画ドラえもん のび太の宝島』(53.7億円)
『DESTINY 鎌倉ものがたり』(32.1億円)
『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』(30.9億円)
『検察側の罪人』(29.6億円)
『未来のミライ』(28.8億円)
『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』(20.4億円)
『スマホを落としただけなのに』(19.6億円)
『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』(18.4億円)

興行収入は一般社団法人日本映画製作者連盟 発表

【2019年の配給作品】

©2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会©原泰久/集英社 ©2019映画「キングダム」製作委員会©2019「天気の子」製作委員会
  • 『マスカレード・ホテル』
  • 『七つの会議』
  • 『フォルトゥナの瞳』
  • 『映画ドラえもん のび太の月面探査記』
  • 『君は月夜に光り輝く』
  • 『PRINCE OF LEGEND』
  • 『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』
  • 『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン~失われたひろし~』
  • 『キングダム』
  • 『名探偵ピカチュウ』
  • 『コンフィデンスマンJP』
  • 『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』
  • 『きみと、波にのれたら』
  • 『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』
  • 『天気の子』
  • 『アルキメデスの大戦』
  • 『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』
  • 『劇場版おっさんずラブ~LOVE or DEAD~』
  • 『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』
  • 『記憶にございません!』
  • 『HELLO WORLD』
  • 『蜜蜂と遠雷』
  • 『空の青さを知る人よ』
  • 『マチネの終わりに』
  • 『ルパン三世 THE FIRST』
  • 『屍人荘の殺人』
  • 『映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか』
  • 『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』

●デジタル・コンテンツ営業

テレビだけでなく、スマートフォンやタブレットなど、映画館以外でもコンテンツを楽しむ機会が増えてきました。東宝は、2次利用の権利を持つ作品をデータベース化。テレビ局(地上波・衛星波)や配信プラットフォーム、機内上映などをはじめ、部分使用など、あらゆるニーズに対応できる体制を整えることで、2次利用の分野でも大きな収益を大きくあげています。

○デジタル・コンテンツ営業室の構成

セールス課
テレビ局や動画配信プラットフォーム会社などに向けて、劇場用映画作品だけでなく、アニメやテレビ番組を販売しています。1次利用では、限られた上映期間でのビジネスになりますが、2次利用は、長い期間にわたって収益を上げることができます。また日頃から新しい技術の情報を収集し、視聴者・お客様のニーズに応えられるようなサービスを提供するように心がけています。
ライツ・マネジメント課
セールス計画の基礎となる資料を作成して、営業活動をバックアップするほか、予算・収支を一元管理することで、コストを適切にコントロールして収益を上げる役割を担います。権利ビジネスを行う部門として、権利処理をするだけでなく自社コンテンツのライセンス営業も行います。

デジタル・コンテンツ営業室 セールス課長
岩橋 康平

大事にしているのは「コミュニケーション力とチーム力」そして「ターゲットをきちんと見据えた企画力」です。ただ作品を売る営業ではなく、人とのつながりを大切にすることを意識しています。ライブラリを活性化するための施策を考えることも重要です。東宝の隠れた名作を如何に放送・配信してもらうか、情報を収集し、企画を考え、提案することを大事にしています。それぞれの個性をどう販売に繋げていくか、ここが醍醐味ですね。