エントリー
Close
シゴトを知る
新卒採用トップ > シゴトを知る > 映像・映画 > 国際

国際

日本から世界へ
「TOHO」を海外へ発信する国際部門

国際部は、企画・宣伝・営業などと同じ映像本部に所属し、

  • ①カンヌ・ベルリン・東京など国際映画祭やマーケットにブースを出展し、映画・アニメなど映像作品の上映権、放映権、配信・販売権を許諾する「海外セールス」
  • ②自社および日本国内の「企画」を海外に売り込み、有力なパートナーと共同開発・製作を進める「企画製作」
  • ③『ゴジラ』や『僕のヒーローアカデミア』等の作品やキャラクターをもとに、玩具やゲーム等の商品を製作・販売する権利を許諾する「ライセンシング」

という3つのビジネスを展開している、グローバルなセクションです。

国内ではトップシェアを誇る東宝ですが、世界市場におけるシェアは、まだまだ高める余地があります。2019年には、『GODZILLA: KING OF THE MONSTERS』、『DETECTIVE PIKACHU』を全世界で公開し、ハリウッド実写版『君の名は。』『モンスターハンター』の世界観をもとにしたハリウッド映画の製作も発表しており、世界に東宝の優れたコンテンツを発信し、日本の映画・アニメをより一層盛り上げる使命を持ったセクションです。

©2019「天気の子」製作委員会©2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

○国際部の構成

国際戦略室
営業グループ
東宝が海外配給権を保有する映像コンテンツ(映画、OVA、テレビシリーズ他)の海外への配給と、それに付随する権利交渉、折衝を行います。海外の配給会社と日本の製作委員会をつなぐパイプ役も担います。
企画・製作グループ
海外における再映画化権の賦与および海外からの再映画化権の取得、配給権・商品化権・配当の取得を目的とした映像コンテンツへの製作出資を行います。
ライセンシンググループ
海外におけるキャラクター著作権利用や商品化権の許諾、商品化権の取得を目的としたキャラクターコンテンツへの製作出資といったビジネスを行います。
ロスアンゼルス支店
北米地域を中心とした著作権使用の許諾・知的財産権の管理・折衝などを、本社と密に連絡を取りながら行っています。その他、映画の海外ロケ、海外特別試写会、海外出張者のアテンド、さらには現地映画業界の情報収集を行っています。
国際管理室
国際部の管理部門的な役割を担います。予算の作成、契約書の管理などを行っています。

国際部 国際戦略室 ライセンシンググループリーダー
中澤 貴昭 

中期経営戦略でも積極的な海外展開が打ち出されており、海外でのゴジラの版権につき、今年から東宝主体で展開する体制に整えました。世界各国のマーケットに出展し、ゴジラを含めたさまざまなコンテンツの商談を行い、実績が出てきています。また、ゴジラブランドを更に広める活動にも取り掛かっており、走り出したばかりですが確かな手ごたえを感じています。