エントリー
Close
シゴトを知る
新卒採用トップ > シゴトを知る > 映像・映画 > 宣伝

宣伝

作品の魅力を120%引き出し、ヒットを生み出す仕掛人

宣伝部の仕事は、東宝が配給する作品の存在を広く世間に知らせながら、同時にその作品ならではのありったけの魅力を伝える仕事です。邦・洋問わず数多くの競合する映画の中で、その映画をいかに他と違う魅力的なものとして伝えられるか、説得できるか、そこが宣伝担当の腕の見せ所になります。具体的には、Q(情報の質)×V(情報の量)=X(効果的な宣伝)の法則に基づき、魅力的な情報(Q)を的確なターゲットに向けて、なるべく多くの量(V)発信することで、より多くの観客動員を獲得する、という仕事になります。

宣伝

○宣伝部の構成

宣伝部は、作品ごとにチームとなってヒットを目指します。
宣伝プロデューサーが、作品プロデューサーと共有したコンセプトは、チームでさらにブラッシュアップされます。
パブリシティやタイアップ、広告制作、WEBメディアの戦略などそれぞれチームの作品担当者が、コンセプトを熟知し、それぞれのフィールドで高い成果を生み出すことで大ヒットへ導かれます。
また、宣伝管理室のメンバーは作品ごとに決められた予算の管理を中心に、チームをバックアップしています。

◎用語解説

パブリシティ
映画の宣伝を目的に露出される雑誌や新聞の記事、テレビ番組での紹介のことです。料金を発生させて媒体を買うことを「広告」というなら、パブリシティは料金を発生させずにマスコミという第三者を介して「記事」を露出させる「広報」と言えます。作品の認知度をいかに高められるか、そしてその作品を観てみたいという気分にさせるかは、パブリシティの質と量にかかっていると言っても過言ではなく、「広告」と共に宣伝展開の核とも言うべきものです。

宣伝部 映画宣伝企画室 プロデューサー
中西 藍

宣伝はリレーのアンカーのような仕事だと思っています。映画はたくさんの人が長い年月をかけて作っているもの。宣伝はその最後を託される立場です。映画の制作現場では出演者は「俳優部」、監督・助監督は「演出部」、カメラマンは「撮影部」と呼ばれ、まさに《ONE TEAM》でそれぞれが各パートで全力を尽くし一本の映画を作り上げています。そういった映画を作る仲間たちと並んで「宣伝部」があり、多くの人の想いの詰まった作品を、お客様に繋げる役割を任されています。それ故に責任も重大でプレッシャーもありますが、「一人でも多くの人に観てほしい」というその作品に関わった全ての人の願いを叶えられるのもまた、私たちだけ。そう思うからこそ、より頑張れるのだと感じています。